ヘッジファンド

 はっきりいって株式市場の強者は資本家である。資本を多く持てば持つほど有利な仕組みになっている。しかし、有利なのは資本家だけでなく、賢い者も勝ち続けることは間違いないであろう。こういった市場のなか、取引をするのは個人投資家に加え、いま話題になっている村上ファンドを含めファンド会社の存在がある。資本と情報と知識を兼ね備えた、非常に強力な存在になっている。
 株式市場の基本原理は、ある企業に投資をして、業績を伸ばす手助けをすることが第一にあげられており、将来性のある会社に投資することである。ところが、信用取引といった、空売り(今持ってない株を売ること)をすることで、これから下がる企業を予想するという悲観的売買がある。こういった取引を、ファンド会社がするとどうなるか?
 最近急増しているヘッジファンドという種類の会社がそれである。この会社は、自分達の利益のためには、こういった空売りをすることも辞さないということである。ヘッジファンドはこれ以外にも、レバレッジなどにも範囲を広げているので、多大な収益を期待できるのである。
 しかし、こういった市場の活性化に対し、商学部の観点で見てみると、やはり経済発展への架け橋となる他ファンドと比べ、少々離れた存在になることである。一個人投資家としては参考にすべき点が多いかもしれないが、今後の経済状況を観察し、どういった影響を及ぼしていくのかを見ていく必要がある。



論文形式疲れる(・ε・)プップクプー

次からもっと話し書きになるかもしれない

ぷーきーとかなんかこれ違んじゃないって思ったとこあったら ばしばし書いちゃってd(^∇゚*)ネッ

個人的な意見って勝手に出ちゃうもんだから
[PR]
# by mydream53 | 2005-10-22 17:58

NO.1

世界NO,1企業といえばトヨタであることは間違いありません。
しかし、日本で最も輝いてる企業はキャノンであると自分は思います。

この企業は30年前は、カメラ会社でしかありませんでした。当時のライバルといえば日本光学という企業でした。しかし、現在は精密機器という業種でトップに並ぶ地位を確立しました。
環境などに対する変化への対応力が、他企業と比べずば抜けていたからです。

海外市場での売れ行きも好調で、ブランド力も強化されつつあり、四季報による国内時価総額ランキング10位に入っていました。これから楽しみな企業の一つです!
[PR]
# by mydream53 | 2005-10-20 20:08

株からはじめる!

ってことで、ただのギャンブル要素だけではなく、どういった企業が、業績を伸びせるかなどを調べていくつもりです。
やっぱお金が絡むとあつい!

ただ、業績に関わらず株価が変化することもあり、なかなか奥深くなっているんです(/□≦、)エーン!!

最初は儲かっても初心者はその倍を損するのでこれからやる人はお気をつけて!
[PR]
# by mydream53 | 2005-10-19 21:25