プーシキン美術館展

今日は上野の東京都美術館に行ってまいりました。

その中でバイトの美術部をしている先輩に、プーシキン美術館展はいってみたほうがいいと教えてくれたので、ここに入ることに決めたのです。

これはモロゾフというロシア人のフランス近代絵画のコレクションであり、マティス、ピカソなど約50点を公開しているものでした。

油彩が多く、印象派と呼ばれるインパクトの強い作品が多くありました。他にも点だけで描いた作品、石版画、木版画、エッチングなど幅広い描き方できれいに仕上げられています。人物を被写体にするほか、風景画も多く、鑑賞しにきた人をとりこにしていました。自分もどことなくですがキレイだなぁ、面白い作品だなぁと抽象的ながらも引き付けられる部分を感じ。この中で特に目についたものがありました。それは、ヘンリーマティスの「金魚」という作品です。これは今回の美術展の中でも目玉中の目玉であり、ガラス容器の中で泳ぐ金魚と取り囲む草花を、鮮やかな色彩で生き生きと筆致で描いた傑作です、と案内には書かれています。
帰りに美術館にある売店により、この作品を探してみたところ高級そうな額縁に入っているのがあり、その値段を確認してみると、、、      なんと525,000円!小さい額縁に入ってるものでも70,000円は下りませんでした。
隣にあるコピーは820円だったのでこれを衝動買いしました。
他にも色々見てみましたがやっぱりピカソの作品は高いですね。自分にはピカソの作品の良さがわかりませんが、やっぱり世界が認めている作品だということを再認識しました。



今日は久々のデートでもあったので、十分に楽しむことが出来ました!
お金が無くなってしまったのがσ(‐ωΘ)イタイ…ですけども>_<

この展示会は東京都美術館にて12月18日までやっています!暇がある方はぜひ一回いってみてください!
[PR]
# by mydream53 | 2005-11-20 18:32

心の壁 セルフコンセプト

前回のセルフイメージに続き、次はセルフコンセプトについて紹介しようと思います。

セルフコンセプトとは無意識の中に存在する固定観念であります。これの厄介なところは、簡単には取り外すことができないことです。一つの目標に向かうとき、表面的には「自分はできる」と言い聞かしても心の奥底では「無理だろう」と思い、それが結果になるということです。

一つ例を出します。

IQが同じ二人の高校生がいるとします。一人は、大学にいこうとする人さえいないような環境、もう一人は兄や同じ学校の先輩が東大に通っている環境だとします。どちらが東大に合格する確率が高いかといえば、それはもちろん後者です。前者では「東大なんていけるはずがない」と行動を起こす前から壁を作ってしまいます。これが大きな妨げになるということです。

無意識に存在する固定観念は、経験や環境、他人からの意見によって作られてしまいます。さらにほとんどの場合、自分の意思の力をものともせず覆いかぶさってきます。こうなってしまうと自分の力を存分に発揮することはできません。この障害物をどうすれば取り除くことができるか。これが焦点に当てられます。

しかし、自分は「取り除く」というよりもそもそも「作らせない」ことは出来ないか、さらに先に進むと「固定観念をも有効に使う」ことは本当に不可能なのかということを考えてみようと思います。



少々哲学的になりますが・・。

環境に大きく影響を受けるセルフコンセプト。人を取り巻く環境はたしかに、人間の力では作り出すことはできません。しかし、環境の「設計者」になることは可能です。よりよく行動できるためにはどういった環境が必要か、そして少しでも具体的な設計図を立て、必要な部分を付け足していきます。こうした改良を繰り返し行うことで、少しずつ物事を進めやすくするために少しずつですが前進していきます。栄光への架け橋となってくれるのではないでしょうか?
理想を語りましたが、実は重要な点があります。それは今の状況を最大限に利用すること。考え方一つでマイナスからプラスへと変わってしまうことが多くあります。例えば財布を落としてしまったとき、落ち込んでしまうだけで終わらせずに、注意深くなり次からはもう落とさなくなる授業料だと思う、またはこれだけですんで良かった、いつもならもっと入っていたよ と思うなど前向きな思考が大事ということです。




長くなってしまって疲れました~!明日は友達と美術館にε=ヘ(*^・ェ・)ノイッテキマース!!
最後のほうは眠くて少し適当になってしまいました;;
もう寝ないとおきられない!ということでこんなところにします!


P.S. 自分は環境の設計者であると自覚し、実際に設計し行動してみると道が開けたような感じがして面白いですよ~!
[PR]
# by mydream53 | 2005-11-20 02:33

ロッテグループ

今日は大学院1年生と大学3年生に混じって企業説明会を受けてまいりました!

やはりこれから就職するための説明会であって、2年生の自分には少し場違いと思ってしまいましたが。

それでもロッテの体質を表面的ながら理解してまいりました。
ここもイオンやセブン&アイと同じようにグループ会社です。しかしその系列は非常に緩い印象を受けました。一つ一つ別なものをやるんではなく、広告、販売・営業、製造などをそれぞれ別に会社を設立し、互いに競争・協調を保つという、形態でありました。
韓国を拠点に、お菓子というものが定着していないアジア圏をターゲットに繰り広げられています。国内では、菓子業界TOPのロッテですが、この業界の売り上げは、健康志向などの菓子離れから減少傾向にあります。これの対策として、キシリトールで歯の健康や、眠気覚ましのガムなどを開発し、単においしい、うまいだけではなく付加価値をつけていく戦略を取り、採算をはかっています。

なかなか興味深いことも話してくれたことには満足しました。

来週も別会社の説明会があるので、時間があればいってみようと思います。



最後に、お菓子売り上げのTOP3を紹介したい思います。(何年度だったかは忘れた

一位  キシリトールガム   二位 ポテトチップス    三位 じゃがりこ

     ロッテ              カルビー           カルビー
[PR]
# by mydream53 | 2005-11-15 21:05

セルフイメージ

スポーツでも学問でも、教える側の能力として最も重要なことの一つに相手のセルフイメージを感じ取るという力があります。これは相手の感情に少しでも近づき、そしてそれを基にどういった方法で行えば相手の力を最大限引き出せるかがポイントになっています。

相手が主役だと考え、相手がうまくいくことを本気になって考える、やってみるとわかるのですが、一筋縄にはことが進みません。自分がやるのと他人がやるのでは大きなギャップがあるのです。自分が成功した方法は必ずしも他人に通用するとは限りません。このことが、単に実力がある人よりも指導力を持ちえている人のほうが身につくのが早くなりやすい理由の一つです。

このセルフイメージを利用して、自分の能力を高めてみてはいかがでしょうか?相手の感情に近づくと同時に自分を客観的に見ることで、良い点を改めて自信にし、悪い点の存在に気づき改善する、そして相手が持っていて自分が持っていない考え、能力をつかもうとしてみませんか?


一人の意見です。参考にしてみてください。
┌|∵|┘ヨロシク┌|-.-|┐ペコッ
[PR]
# by mydream53 | 2005-11-12 00:38

還元率

これはギャンブルをやる上で最も重要な数字のひとつです。

競艇・競輪・競馬は
75%

パチンコ(店によって大きく変わるけど
おおよそ80%

宝くじ(これも種類によって前後するけども
よくて50%


自分が宝くじを嫌う理由がこれです。

買っただけで価値が半減してしまうのです。

純粋に儲けたいと思う自分はどうしても好きになれません。

どう思いでしょうか?




~~~~~~~~~~~~~~還元率を知らない人へ~~~~~~~~~~~~~~

還元率は非常に簡単に求められます。

宝くじで例えます。還元率が50%のときの場合。
一枚100円の宝くじを100万枚売り上げ、売り上げが1億円だったとすると、払い戻し金額はその50%の5000万円ということです。

すなわち、この5000万円で1等や2等などの配当を振り分けるわけです。

1等 1000万円×2   2等 10万円×200   3等 1000円×10000

まぁこのように。

夢を与えるんだから半分取られても仕方ないと思える人ならいいのです。
ただ自分にはあまりにも低い数字で、ぼったくりのようにしか見えないのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ちなみに。株をギャンブルと捉えるのは好まないですが、あえてつけるのならば、今後は手数料を含めても100%をおおいに越えると思います。眠いのでこのへんにします。
[PR]
# by mydream53 | 2005-11-08 00:19

郵政民営化法案可決

少し前のことを掘り出してみました。

みなさんはこの結果に納得しましたか?


10月20日、郵政公社は全日空と業務提携を発表しました。狙いは貨物機運航会社を共同設立することで、国際郵便事業を強化することです。これにより中国へ夕方に出した郵便物が翌日の午前中に到着することが可能になる、ということです。当面の狙いはアジアということですが、さらに拡大するらしいです。

確かにマイナス面も含む郵政民営化ですが、結果的にはこのことが成長路線へつながると思います。

国内の競争市場へ→利益を追求→他社との競争→お客様数の拡大→便利度追求

しかし利益を追求するあまりカルテルを初め、不公正な取引を強いることがあります。これを排除することこそが政府の役割であります。ほかにも公正な取引・競争が出来るような環境づくり、不公正な取引にすぐ察知できるようなシステムなどを。

こういう対応こそがしっかりとしているのなら、日本の資本主義制度は機能するでしょう。


ちなみに自分は最初っから賛成でした。
個人的にですけども強すぎる国家には不満があるので。

まぁこれはまた今度話すことにします。
[PR]
# by mydream53 | 2005-11-07 15:32

power of art

美術の力

自分は美術という分野はとても苦手で、うまく描くことができず、さらに絵の良さというものがわかりません。

それでも、美の国で知られているフランスに興味があるので、フランス語を勉強するきっかけになればいいかなと思い、始めることにしました。
今年の春にフランス語検定3級をとって以来まったく手をつけてない状態なので。

実際何からはじめれば効率的なのかはわかるわけもないので、取りあえず美術館にいってこようと思います。
どこかいいとこがあれば紹介してください(*- -)(*_ _)ペコリ

しかしこれでは起業家には結びつかないので、美術からウェブデザインや色彩の持つ力などにも視野を広げていこうかと思います。一般的に赤という色は情熱になる、力強くなるといったイメージがあり、実際にアメリカでは社員のネクタイの色を赤で統一するといった企業があると聞いたこともあります。こんなところも調べてみようかと。


まぁ趣味程度なので、気楽にやってみようと思います。興味あるかたはぜひ一緒にやりましょう!
[PR]
# by mydream53 | 2005-11-02 14:31

人間の心理

何かと話題にあがっているライブドア社長の堀江さん。
フジテレビや球団買収のときは、なんとなく気に食わない こんなイメージを抱いていましたが最近はころっと変わってしまいました。

堀江さんのブログを見たからかもしれません。
印象としては、口調が穏やかで、とげのある話し方をせずにうまく批判するとこはする 気配りが上手な方
実績も踏まえ、何にでも挑戦しようとする前向きな姿勢に、新進気鋭な精神の持ち主と。

見方が170度変わってしまいました

やっぱりマスコミの報道などによる心理操作って怖いとこがありますよね。心理の変化といったほうが正しいのかもしれませんが、個人としては、このように感情が大きく動くと こう捉えたくなってきます。

心理学 非常に興味深いです

今度誰か教えてくださ(*- -)(*_ _)ペコリ
[PR]
# by mydream53 | 2005-10-29 20:36

起業家!

 大学生が目指す起業家には、ほとんどがベンチャー企業に分類されます。ベンチャーとは 冒険、危険を冒して行うこと の意味であり、ベンチャー企業とは、新しい分野などにチャレンジ精神を持ち挑戦する企業のことです。さらに、特定の分野、商品では大企業をも上回る実力を秘めており、経済を活性化させる起爆剤でもあります。
 現在、学生起業家の数が増加しており、競争はさらに激化しています。安定志向から挑戦志向へと日本の学生の意識が変わり始めているなか、どうすれば勝ち残れるか?これが自分にとって大きな課題です。日々経済の動向を確認し、他学問からの視野を強化することが、自己実現を含め強力な武器になり得るので、不断の努力を継続していく必要があります。しかし、当然かもしれませんがこれだけでは通用しません。これらの学習などは既存するものであり、それをどう新しいもの・ことを創出する発想へ導き出すか。これこそが最低条件であると考えています。「独創性」という言葉で言い換えておきましょうか。隙間産業より、独創性を活かして新しいことを始める企業こそがベンチャー企業の真の姿である気がします。
 課題の提出期限は3年後の3月です。それまでに根拠と自信のある答えを出せるように頑張らねば。。。


ε~( ̄、 ̄;)ゞフー こんなんで20~30分も書くのに時間かかってたらどうしようもないってね



得手に帆をあげて   by ホンダ創業者 本田宗一郎
[PR]
# by mydream53 | 2005-10-26 16:08

ぷーきーへの質問へ レバリッジと信用売取引

レバレッジはまったく別物。わかりやすく為替で例えると
例   竹 100万円   会社 900万円  の1000万円でアメリカドルへ投資
     アメリカドル 100円から101円に円安
     1000万円投資したので1010万円になる
     会社に900万円返す
     竹10万円の儲け 会社は手助けのみ


本来、100円→101円にあがり、竹は100万円投資したので儲けは1万円になるはずでしょ? それを会社が負担してくれるのがレバレッジ。
当然負けもこの場合なら10倍膨れ上がる。
てこの原理をうたったものは実は超ハイリスク。    (これ手数料とかは省略してるから

信用売取引は簡単 前メッセでぉれのわかりにくい説明受けたかもしれないけど、持ってない株を売る(空売りする)こと    当然あとで買わなくてはならない。
その買わなくてはならない期間が3ヶ月とか無制限とかあるからちょっと複雑。

もちろんこれはこれから下がる株を予測する 悲観的取引
たとえば1、000円の株を100株空売りして、100.000円になるしょ
これの株価が300円になって  100株買わなくてはならないのを
このとき買ったとすると -30,000円
残高    100.000円-30,000円=70,000円

ただこれの怖いところは

これの株価がもし50,000円になったとしたら
100株買わないとならないから、-5,000,000円

残高    100,000円-5,000,000円=-4,900,000円

現物取引なら、1,000円の株を100株買ったら100,000円
最悪その会社がつぶれても株価が0円になっても損額は 100,000円

信用取引は負けが理論上無制限
ただどういうわけか信用取引のほうが手数料が安い証券会社が多いね
[PR]
# by mydream53 | 2005-10-23 02:28