勝負の世界の嫌いなところ

勝ちにしか価値を見出せない
支えあいの共存ではなく、弱肉強食の世界
勝利の美酒に陶酔しすぎている



なんていうのかなぁ。
目的があって、一部の勝者(ほとんどTOPクラスだけ)にしか価値を与えられないんじゃなくて、もっと全員が楽しめるような価値を求めるのは欲張りなのかな?

他人と比較して自分が優位になることで、得られる優越感や満足は人間の本能上仕方ないものであるかもしれないけれど

負けにすら
勝ち負けの2次元論だけにも話をとどまらせずに、もっと、様々な事柄があるわけであって、そこからそれぞれ違った価値を取り出せれば全員が満足することは可能であると思う。

世間的な目には勝者に評価や価値が与えられやすい、見方が全体的に偏ったものであると自分は思う。


しかしまぁ人間のルールで行くのは難しいね(゚∀。)
そろそろブログ移転しようと思います!おすすめブログどこかある?_?
[PR]
by mydream53 | 2007-01-07 06:28
<< 悪意 言葉の色 >>